会社員の僕が使う話題まとめ様

つべこアンテナ様

ブルーアンテナ様

アニメ まとめ 漫画

【悲報】「マンガや小説にお金を使わない中高生」を、どう受け止めるべきか? 【まとめ】

スポンサーリンク

1: モリンケリンのアニログ
現代ビジネス5/15 8:01配信
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83072

全国の多くの大学の中には、少し前まで高校生だった1年生向けの初年次教育で、まずは自己紹介のやり方から指導しているところが少なくない。そこで多くの大学生が言及するのは、好きな漫画や小説、映画ではなく、「好きなYouTuber」だ。こうした現象は、現代の若者、特に中高生がどのようにコンテンツを受容しているのかを反映しているのではないだろうか。

最近「中高生が小説やマンガを読まなくなった」「彼女ら、彼らがコンテンツに支出するお金が減っている」という意見を目にする。これらを検討するにあたって、まずは筆者の専門であるライトノベルと、無料で読める小説投稿サイト「小説家になろう」の例から話を始めたい。

ライトノベルは大人のもの?
「10代をターゲットにしていたライトノベルの中心的な読者は、現在、30代以上になっている」。ライトノベルをめぐって、そのように言われることが少なくない。

たしかに、小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿される「なろう系」小説には、明らかに中学生、高校生より上の世代の読者を想定して投稿され、書籍化に至っているものがある。

たとえば、舞『異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう』や、あおおに『冒険者デビューには遅すぎる? 』では、30代のサラリーマンが異世界転生をして冒険する。

また、棚架ユウ『転生したら剣でした』では、知性を持つ剣に異世界転生をしてしまった主人公が、猫耳の少女・フランの成長を、師匠のような立ち位置から見守ることになる。「成長見守りモノ」ともいえるこうしたジャンルは、「俺TUEEE系」や「悪役令嬢モノ」「追放冒険者モノ」ほど大きな流行にはなっていないものの、一定の読者を抱えている。

一方で、このように他人の成長を見守るという、親のような視点に立つ物語、設定に中学生や高校生が共感できるかといえば、たしかにそれは難しい。

「ライトノベルの読者=30代説」をたどる
しかし、ライトノベル読者が30代以上になっているという言説は、2000年代の半ばからすでにあった。たとえば、2006年11月に『読売新聞』で3回にわたって連載された「ライトノベル進化論」では、すでに、ライトノベルのコアな読者が30代以上だとされている。

記事が書かれた時期を考えれば、水野良『ロードス島戦記』(1988~1993)や神坂一『スレイヤーズ』(1990~)を10代のときに読んでいた世代が、そのまま年齢を重ねていたことになる。

「ライトノベル読者=30代」説が流れたのは、こうした記事などで作られたイメージが、現代にまで根強く生き残った結果とも言える。

一方、拙稿(「「異世界転生」小説、実はトレンドがめちゃめちゃ変化していた…!」、https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80375)でも触れたように、「小説家になろう」のサイトを読んでいる年代は、10代、20代がおよそ半分以上になるという。

また、学園もののライトノベルや、メディアワークス文庫、スターツ出版文庫などのライト文芸で刊行されている泣ける恋愛青春モノの小説は、特に住野よる『君の膵臓をたべたい』以降、中高生のあいだで非常によく読まれている。

本で買うか、ウェブで読むか
それでは、こうした言説と実態とのズレは、なぜ生じるのだろうか。理由として考えられることの一つは、書籍の購入者と、小説を読んでいる層の乖離だ。

たとえば「なろう系」小説でいえば、長月達平『Re:ゼロから始める異世界生活』がライトノベルの文庫判レーベルであるMF文庫Jから出ていたり、「なろう系」を中心に刊行しているヒーロー文庫のようなレーベルがあったりする。一方で、文庫よりも大きい四六判の判型で出ることも少なくない。この場合、どうしても文庫よりも価格が高くなる。いずれにせよ、1冊買うと1000円ほどはかかってしまう。

高校生が手にしているお小遣いのデータは、各種アンケートから5000円程度が中央値だとわかる。これでは、1000円程度の書籍を定期的に購入するのは難しい。したがって、無料で読むことができるウェブサイトの「小説家になろう」は、中高生にとって、文庫判ライトノベルよりも遥かに接しやすいコンテンツだということになる。

現代のコンテンツと中高生たち
立ち止まって考えてみれば、ライトノベル、「なろう系」小説に限らず、現代においてはさまざまなコンテンツに対して、中高生が使うお金が減っているように見える。

その理由としてまず想起されるのは、かつて一世を風靡したマンガのビューアサイト「漫画村」のような、無料でコンテンツを閲覧できるサイトの存在だ。「漫画村」は2018年4月に閉鎖されたものの、似たような海賊版サイトは後を絶たない。
(以下リンク先で)

2: モリンケリンのアニログ
小説は図書館で借りるだろ

3: モリンケリンのアニログ
マンガや小説(ライトノベル)だって元々大人は読んでなかったよな
読まなければいけないほど、高尚なもんでもないと思うわ

昔はおっさんが読んでるのは司馬遼太郎の歴史小説とか
国内外の古典文学とかだったな、今はyoutubeでいろんな時代の作品の情報入るし、
中高生は二次創作的な微妙なクオリティの新作追うより、
ブックオフの100円コーナーで昔のど定番な作品読んでた方がいいだろうね
実際本でも音楽でも、若い人に過去の名作が再評価されている気がする

4: モリンケリンのアニログ
記事がダラダラ長い
余計なお世話

5: モリンケリンのアニログ
欲しいものは沢山ある、小遣いも少ないからタダならタダを探すんだよ、苦労してんだ
タダじゃないガチャとかは仕方ないからそこに使う

6: モリンケリンのアニログ
30年前と中高生の小遣いの額はほとんど変わってないが
書籍の値段は倍近くになってるんだよな
そりゃ買わねえわな

7: モリンケリンのアニログ
粗製乱造でマンガも小説もつまんないんだよ。

8: モリンケリンのアニログ
金持ってる大人が客になっていい車じゃないか

9: モリンケリンのアニログ
たまに昔購入した小説の文庫本の価格を見るとけっこう驚く
ほんとに廉価な娯楽だったなと。
ちなみに今読みたい小説のハードカバーが約三千円…

11: モリンケリンのアニログ
何年前だろうと
大学の自己紹介で好きな漫画や小説なんか言ってた人はおらんぞ?

12: モリンケリンのアニログ
高くなったと言ったって、初任給あたりの比は昔と今で大差ない
多少品質は落ちても、青少年向け小説がタダで読める時代になったってだけのことだろう
マンガ週刊誌・月刊誌もかなりウェブで読めるようになったしなぁ

10: モリンケリンのアニログ
少年が読まない少年漫画

スポンサーリンク

RSS

-アニメ, まとめ, 漫画

© 2021 モリンケリンのアニログ Powered by AFFINGER5